小魚水産加工品のトップサプライヤー

事業案内

製造工程

検査・洗浄

1 検査・洗浄

抜群の鮮度を保ったまま加工工場に運び込まれたしらすや小女子は、ヤマイチ独自の品質基準でさらに分類された後、水洗いし混入した異物等を取り除きます。

ボイル

2 ボイル

湯量4.8トンの超特大全自動釜でボイルします。赤穂の天然塩だけを低塩で使い、大量の湯の中でゆったり炊き上げることで、魚本来の旨みを逃さず、ふっくらとおいしく仕上げます。
また、ボイル時とボイル直後にヤマイチ独自の異物除去機でエビ・カニの稚魚などの異物を取り除きます。

乾燥

3 乾燥

ボイルされた小魚は、自動乾燥機により素早く乾燥させます。これは乾燥を早めることにより、菌の増殖やいたみの促進を防ぐためです。

異物除去

4 異物除去

乾燥後、さらに軽量の異物を風で飛ばして除去する風力・静電気式選別機、および金属物を探し出す金属探知機を通します。こうして工程ごとに異物の除去に努め、製品の安全性の向上に取り組んでいます。

一次加工品の完成

5 一次加工品の完成

完成した一次加工品は、魚の種類や乾燥度などに応じて冷蔵・冷凍保管されます。

包装・梱包

6 包装・梱包

一次加工品は、お客様からのアウトパック加工の依頼に応じ、専用のクリーンルームでトレーパック商品に加工します。
最終的な異物チェックは人の手が頼り。ピンセットを使用した目視による手作業で異物除去を行っています。
検品を終えた製品は、計量、パック詰め、ラベル貼付を経て完成。箱詰めされ、日々スーパーマーケットなどお客様の元へ届けられています。



ページの先頭へ